(7)「青面金剛刻像塔」の主役と脇役たち


      種類の多い「庚申塔」の中でも、その主流となるのは、「青面金剛刻像塔」 である。
    この「青面金剛刻像塔」には、主尊の青面金剛以外に、日月や猿、鶏、童子、邪鬼、夜叉が
    所狭しと配されている。
     それらの組み合わせと表現力の豊かさが、それぞれの「庚申塔」に変化を与え、見るものを
  飽きさせない大きな魅力になっている。     
    
   ここでは、「青面金剛刻像塔」の主役と脇役にスポットを当ててみる。

 ①青面金剛、童子

  「青面金剛(しょうめんこんごう)」について『四天王寺庚申縁起』 には、
    
       「文武天皇の御代(697~707)に疫病が流行し、天王寺の僧が天に救いを求めたところ、
     正月七日庚申の刻に、帝釈天の使いと称して青面金剛童子が現れ、汝の至誠に感じて
     厄除け無病の方便を与えるとのお告げあり」 との記述が ある。
      
     さらにその容姿について『陀羅尼集経第九』 には、

       「一身四手、左辺の上手は三股叉を把り、下手は棒を把る。右辺の上手は掌に一輪を
       託し、下手は羂索を把る。其身は、青色にして大張口、狗牙は上出す。 眼の赤きこと血
       の如くして三眼あり・・・・・」
    
       要約すると、「青面金剛」は「三眼の憤怒相で四臂、それぞれの手に、三叉戟(三又になった
     矛のような法具)、棒、法輪、羂索(綱)を持ち、足下に二匹の邪鬼を踏まえ、両脇に二童子と
   四鬼神を伴う」 と、ずいぶんと恐ろしげな表情と容姿が記されている。

      
     そんな「青面金剛」ではあるが、「庚申塔」にはどんな姿で登場しているだろうか。
     頭髪が逆立った姿もあれば、僧形や頭巾姿などいろいろ。
      表情は、恐ろしく目をつり上げたものや、偉そうに威張っている顔、優しく微笑んだ顔、泣き出し
   そうな顔など千差万別、まさに十人十色と言う表現がぴったりする。
  
      腕の数は、四臂はもちろん六臂のものも結構多く、二臂や八臂の例も、わずかながら見られる。
     持物については、三叉戟、棒、法輪、羂索にとらわれることなく、弓矢、剣、杖、蛇など。
   変わった物としては、「ショケラ」 と呼ばれる、上半身裸の女人像の頭髪をつかんでぶら下げて、
   いるものもある。
   
      その体型は、痩身、肥満、短足など様々で、全体のイメージとしては、グロテスクな印象の
     ものから、童画的でユーモラスなものまで、実にさまざまな変化に富んでいるのが、実に楽しい。
         
      また、ほとんどの場合、儀軌に説かれているように、両脇には直立あるいは座った姿で、二人の
     童子が控えている。 一人だけの例もたまにある。
      童子の髪は、美豆羅(みずら)に結ったものや僧形で、手には香炉や棒を持つか、または合掌
      した姿が一般的である。            

豊後高田市相原 香々地町上香々地 国東町横手小川
左手に「ショケラ」
国東町上成仏京乱 真玉町常磐岩ノ下


②猿

    本来青面金剛と関わりのない「猿」が、なぜ「庚申」と結びついたのかは定かではない。
        
      「庚申信仰」を全国に広めるために、「庚申縁起」や「庚申掛軸」を売り歩いた人々には、天台宗に
    関わる人々が多かったとされ、その天台宗と密接な関係にあった日枝山王権現では、神の使いとして猿が
   神聖視されていたことが影響しているのだろうか。
     また、平安時代に伝来した天台宗や真言宗のいわゆる密教そのものが、ゾロアスター教やヒンズー教などの
  影響を受けていると言われ、「見ざる、言わざる、聞かざる」のいわゆる「三塞ぎポーズ」の三猿についても、
  日本固有のものではなく、その源流は遠く古代エジプトにまで遡ることができるとも考えられている。
  
     それとも、もっと単純に「かのえさる」からの発想だったのかも知れないし、興味は尽きない。
        
   いずれにしても、「青面金剛刻像塔」には、三猿がよく登場する。
  それらの猿たちは、仲良く横一列に並んだり、青面金剛 を挟むように向き合ったり、時には主尊の足元にすがり
   つくような姿だったりなかなか面白みが十分である。一猿だけや、二猿の例もあるが、なんとなく淋しさを覚える。


 ③鶏

   鶏は、一羽か二羽。雌雄の一対で表現されていることが多い。
     
     「庚申」と結びついた過程は、はっきりしないが、この鶏は古くから時を告げる神聖な鳥として、また神様のお使いの
  鳥として扱われた経緯があることと関連があるのかも知れない。
      それとも、「申」の翌日が「酉」だから、「庚申」の夜に不安な思いで時を過ごした人々が、夜明けを告げる鶏の鳴き声で
  訪れる「酉」の日を待ち望んだ事を反映しているのかも知れない。


 ④邪鬼、鬼神(夜叉)
         
   猿や鶏に比べると、邪鬼や夜叉が登場する庚申塔は少ない。

    邪鬼が二匹(?)の例はほとんどない。それに、邪鬼と四夜叉が揃っている事も珍しく、このあたりになると、
  石工達もつい細工の手を抜いてしまったのだろうか。
      ごくまれに、、鬼面が刻出されている作例があるが、これは邪鬼の代用だろうと思われる。
   たまに出会う彼らの表情は、結構愛嬌があり、親しみを覚える。                                            

国東町田深安ケ浜
 3猿と両脇に2鶏が並ぶ
国東町横手小川
躍動感のある4夜叉が並ぶ
  
国東町上小原日向
邪鬼の下に3猿と2鶏、4夜叉




  
 
                                                                解説(目次)  次頁  前頁