8)「文字塔」の主尊名について


   「青面金剛刻像塔」についで、目にする機会の多いものに「文字塔」がある。
   国東半島の「文字塔」に見られる、主尊名の様々な例を紹介しておきたい。
 
          ・『奉納日本照明金剛庚申大菩薩』   (安岐町馬場ヒラ 灯山)
          ・『奉供養庚申正面金剛尊』            (安岐町吉松野々田)
          ・『青面金剛庚申菩薩』                   (杵築市溝井乙王前)
          ・『金剛青面菩薩塔』                      (国東町赤松金剛寺)
          ・『青面金剛明王』                         (安岐町成久大通寺)
          ・『南無青面金剛大士塔』               (安岐町朝来久末 護聖寺参道)
          ・『奉待青面大金剛』                      (国東町大恩寺)
          ・『南無青面金剛大善神』                (真玉町臼野久保)
          ・『庚申 青面金剛』                        (真玉町臼野西村伊勢ノ上)
          ・『青面金剛子』                             (国見町鬼籠畠)
          ・『庚申大菩薩』                             (安岐町馬場ヒラ)
          ・『庚申天』                                   (国見町櫛来須川)
 
     「青面金剛」に、実に多彩なな称号がつけられているのがよくわかる。
   それとは対照的に、「猿田彦」には、あまり珍しいものはなく、せいぜい『猿(申)田彦大神』
    『猿(申)田彦明神』 といったところであろうか。
 
      
     最後に「文字塔」の主尊に関連するものとして、梵字種子について少し触れておきたい。
  
      五輪塔や板碑によく見られる梵字種子が、比較的初期の「文字塔」に多く刻まれている。
   その場合「青面金剛」を表す「ウン」を見ることは少なく、「阿弥陀如来」を表す「キリーク」
   あるいは、それに「観音菩薩(サ)」と「勢至菩薩(サク)」を加えた「阿弥陀三尊」形式で
   表現されたものが比較的多く見られる。

      それ以外では、「釈迦如来(バク)」「普賢菩薩(アン)」「文殊菩薩(マン)」の「釈迦三尊」形式、
  単独では、「金剛界大日如来(バン)」や、「胎蔵界大日如来(アーンク)」などが散見できる。

◇参考図書◇

     「見ザル聞かザル言わザル」     飯田道夫      三省堂
     「庚申信仰」                           飯田道夫     人文書院
     「庚申信仰」                           平野 実        角川書店
     「庚申信仰」                           窪 徳忠        山川出版社
     「庚申」                                 庚申懇話会   同朋社
     「国東の石造美術読本」            入江英親      第一法規
     「国東半島の石造美術」           酒井富蔵      国東半島文化研究所
     「梵字手帖」                           徳山暉純      木耳社

                                 
 ◇おわりに

       現地での調査に際しては、岩野 勝、大嶽順公、仲 武雄、清末 満、馬場始年(いずれも故人)の
   諸兄をはじめ、後藤正二、永松郁朗、堀内宜士、大石忠昭の各氏にいろいろとご教示をいただきました。
      また、豊後高田市中之島旅館の明石太郎、富子ご夫妻、さらにはそれぞれの地区、集落で、
   実に多くの方々のお力添えや、ご協力をいただいたことに、あらためて深謝いたします。

                                                       解説(目次)