(5) 「庚申塔」の造立に関わった人々


    「庚申塔」の塔身側面や基礎に刻まれた文字を判読することで、造立時期だけでなく、
 その塔の造立に携わった人々の名前や、人数、講の規模などを知ることができる。
  
   ①「講」や「組」での造立

         それぞれの集落を中心に組織される「組」や、信仰集団としての「講」など、共同で「庚申塔」を
    造立した例からは、当時の講組織の規模や地域の繋がりを窺い知る手がかりを得られる。
    
        『組中』 『講中』 『氏子中』や 『講中○人』 の表現が目立つ中で、個人の名前を連ねて刻んだ
       造立例をよく見かける。それらは五、六人から十人前後の連名が一般的だったろうか。

    多人数による造立例としては、

     ・『施主三拾一人』                (国東町下中田・朝日寺)
     ・『乙組人数三拾九人浦分』         (国見町岐部西浜)

     複数の組や村にまたがる造立例として、

           ・『西組六人 中組八人 東組五人』          (国東町山吹下組)
           ・『見目村 竹田津村 中村  五人』           (国見町大高島) 

                                                                                    
    ②個人や家族での造立

      時代を超えて今日にその名を残しているのは、どのような人物なのか。
    熱心な信者だったのか、それとも地域の有力者 だったのだろうか。

          ・『綱井村彦七』                                    (国東町綱井 毘沙門堂)
        ・『藤左衛門 乙蔵』                               (豊後高田市上野 金福寺墓地)
        ・『柏木又次良 永松平蔵』                     (豊後高田市蕗 山神社)
          ・『岐部安右エ門 岐部半兵衛』               (国見町櫛来城山)
          ・『郡吏真玉三左衛門幸□ 野村孫四郎』  (真玉町庄屋)
          ・『神主宮本定之進安重』                        (国見町岐部東岡)
          ・『清原妙蓮禅定尼 神主久左衛門』         (豊後高田市真中 安養寺)
          ・『猪俣一家中九人』                               (国東町長野 大聖寺)
  
     ③石工

           施主や願主など造立に関わった人々の名と共に、制作者と思われる石工の名を見つける
      ことが稀にある。中には「大工」が登場することもあり、なかなか興味深いものがある。
           国東半島の場合、安山岩や凝灰岩など、比較的軟らかく加工しやすい石材を利用していることから、
    専門の石工でなくても手に負えたのかもしれない。


            ・『石工忠右エ門』               (豊後高田市蕗永迫)

            ・『石屋吉衛門』                  (国東町原下原)

            ・『石工得太郎』                  (安岐町富清 西念寺)

            ・『石匠忽十良』                  (豊後高田市加礼川)

            ・『大工若屋藤七』               (安岐町明治小俣)

            ・『大く石仏万作』                (安岐町明治小俣)

         最後の例に名前を残した制作者は、遊び心豊かで、洒落っ気のある人物像を連想させる。



                                                                                               解説(目次)   次頁    前頁