国見町の庚申塔(解説)


  国見町には、最奥部の赤根から伊美に至る千灯寺谷を中心に、東側に櫛来谷と岐部谷、
西側には西方寺谷が、ほぼ南北方向に並行に流れ出ている。
  これら4つの谷筋に沿って、92基の庚申塔が、特に地域に偏ることなく散在している。

  最古の庚申塔は、竹田津岡の刻像塔の元禄12年(1699)だが、伊美西中の稲荷社境内の
文字塔2基は、表現様式から判断してさらに時代を遡ると思われるが、残念ながら年号はない。
 最新は、野田岡田社にある文字塔で、「猿田彦命」「明治三年」の文字が読み取れる。

  宝永二年(1705)から、宝暦13年(1763)までの60年足らずの間に、有銘塔の三分の二が
造立されている。その後も、文政、天保、弘化、嘉永、安政と続く江戸末期の約50年の間にも、
国東町や安岐町などでは造立数が目立って少なくなるなか、10基の作例が見られ、国見町における
庚申信仰の息の長さを感じることができる。

  櫛海大河内と伊美西中には、石の祠に祀られた庚申塔がある。どちらも塔身が50センチ程度の
小さな刻像塔で、風雨から守られているためか、あかい彩色の跡が残っている。

  野田新涯の牛頭社と下岐部には、猿田彦刻像をあらわした、珍しい刻像塔がある。
 
  野田堀池組の「刻像塔は、塔身だけで161センチ、宝珠を載せた寄棟造りの笠や、二段の基礎を
あわせて総高285センチ。半島内で最大級の堂々とした庚申塔である。