国東町の庚申塔(解説)


  豊後高田市に次いで、広い面積をもつこの国東町にも、その町域の広さに比例するかのように
多くの庚申塔が各地区に残されている。

  町内最古の庚申塔は、半島内で一番古いとされる豊後高田市平野の文字塔より、56年遅い延宝8年
(1860)の庚申年に造立された刻像塔で、上成仏地区の京乱宮ノ本の個人の屋敷内に建てられた
庚申堂の中に安置されている。

  その後、元禄~享保年間にかけて造立のピークを迎えた後は、しだいに下火となり、文政年間以降は、
作例が極端に少なくなっている。
  明治以降の年号を刻んだものは確認していないが、東堅来畑の集落奥の山裾に祀られている「猿田彦命」
の文字塔は、案内してくださった方の話では、昭和22年頃に造立したそうで、庚申日毎に簡単なオマツリを
されているとのことだった。

 横手の泉福寺境内に残されている3基の刻像塔は、表現様式はそれぞれに異なるが、いずれも元禄7年
(1694)の造立で、「正月」「三月」「卯月」の記銘は、庚申日毎の造立を暗示しているような気がする。

  この泉福寺の3基もそうだが、鶴川の地主神社(6基)、今在家観音堂(4基)、綱井天神社(3基)、長野
大聖寺(3基)など、神社や寺院などの境内にまとめて残されていることがある。
  元からその場所に祀られていたのか、それとも何らかの事情で移転を余儀なくされて集められたのだろうか。

  また、黒津崎や下小原、北江では、岬の突端や海辺の松林のなかにひっそりと佇む庚申塔があった。
一般的には、田畑の見える場所や、集落の入り口あるいは奥まった所で、さらには旧道沿いの路傍などに、
作神や塞の神的な性格を帯びて祭られる例が多いなかでは、珍しいロケーションだと言えるだろう。