武蔵町の庚申塔(解説)


 武蔵町内に残る庚申塔の調査数は71基、未調査分を10数基程度と見積もっても、
同町とほぼ同じ面積の真玉町や、大田村と比べて分布密度に大差はない。

 年号は51基に刻まれていて、最古の元禄4年(1691)は、他の市町村より若干遅れ気味ながら、
その後は文政11年(1828)まで造立が続けられている。
 その間、特に宝永4年(1707)には、5基のまとまった造立があり、一方安永年間(1772~)以降は、
文政11年までの120年で、わずかに5基の作例しかない。

 「猿田彦」を表したものは、文字塔と刻像塔のどちらにも見られない。

 全体的な印象としては、高さが120センチ~130センチ程度の舟形刻像塔で、一面四臂の青面金剛を
刻出し、さらにその表情も似通っているために、初見でも以前に見かけたような錯覚を覚えることがよくあった。
 町内における庚申塔の造立が、比較的短期間に集中した結果、制作者がある程度限定され、表現様式に
共通点が多くなったのではないだろうか。

 町内最古の庚申塔と思われる元禄4年の文字塔は、志和利の入り口付近の山裾に、宝暦12年造立の
刻像塔と一緒に祀られているが、年号は「元禄第二二」とあって、続いて「辛未二月吉辰日」の文字が読み取れる
ことから、元禄4年と特定できる。「四」が「死」を連想させるのを嫌って、こうした表現になったのだろう。