安岐町の庚申塔(解説)


 町内の庚申塔で、直接に確認できたものは142基。
未調査分を加えると、全部で160基前後が点在しているだろうと推定している。

 これらの多くの庚申塔は、町内一円にほぼくまなく分布しているが、安岐川下流域の下原、馬場、
中園、瀬戸田、吉松の各地区と、南安岐方面の山口、下山口地区、それと朝来川流域の諸田、
明治、朝来地区では、まとまった数が確認できる。
 
 町内最古の庚申塔は、寛文12年(1672)の銘がある、朝来弁分の文字塔で、阿弥陀如来を
表す梵字種子「キリーク」と併せて、「二世安楽」を願う旨が刻まれている。東国東郡の中でも最も
古い作例として位置づけができるだろう。

 造立数が増加傾向を示すのは、元禄10年(1697)以降で、宝永を経て、正徳、享保、元文の
約40年にわたってほぼ同じ造立ペースで緩やかなピーク時期を形成した後、宝暦期からは沈静化
したことがうかがえる。
 造立の締めくくりは、江戸時代最終年の慶応4年(1868)の文字塔だった。
 なお、最盛期を過ぎたあとの寛政12年(1800)だけは、庚申年だったせいか3基の作例が残る。

 また町内の文字塔の特徴として、「青面金剛」や「庚申」に、「明王」「大菩薩」など大仰な尊号を
つけたものがいくつか見られる。そうした権威付けをして、より強力な庇護を求めたのだろうか。

 制作者と思われる名前に「大工」の文字があるもの、猿や鶏像の代わりに「申」「酉」の文字を配したもの、
笠の唐破風にヘビの姿を刻出したものなど、まだまだ興味の尽きない作例が多い。