杵築市の庚申塔(解説)


 杵築市内の庚申塔調査では、各集落を巡って庚申塔存在の有無を尋ねたり、所在地の聞き込みを
試みた際に、庚申塔が他の市町村ほども認知されていないような印象を受け、それぞれを見つけるま
でにずいぶんと時間を要した記憶がある。

 調査できた55基は、市内の中心部を取り巻くように、篠原、鴨川、本庄、猪尾、少し離れた熊野地区で、
ほぼ均等に見ることができる。
 安岐町との境に近い奈多周辺にも若干の造立例があるが、奈多から杵築にかけての国道213号線沿い
では、全く見つけることができなかった。

 造立年が特定できる28基で、元禄5年(1692)の加貫公民館前の刻像塔が今のところ最も古く、西国東
の各市町村より40~70年、安岐町の庚申塔より20年、国東町のそれよりも10年遅い作例となっている。
 武蔵町では、ほぼ同時期の元禄4年の文字塔が確認できている。

 その後、享保、宝暦を経て寛政に至るまでの約100年にわたって断続的に造立されているが、造立現象が
集中する時期は、特に見られない。庚申年だった寛政12年(1800)銘がある大内草場の刻像塔が最後の
作例になっている。
 
 わずか55基の調査結果だけから論じるのは早計かも知れないが、約100年という造立期間の短さと、造立数が
相対的にすくないことは、杵築市における庚申信仰が、半島内の他の地域ほど盛り上がらなかったことを暗示
しているような気がしてならない。