大田村の庚申塔(解説)


 国東半島の内陸部に位置する大田村にも、多くの庚申塔が残されている。

 この大田村における庚申塔を分布状況で、特に際立っていることは、他の市町村と比べて、
文字塔の数が非常に少ないという点であろう。
 私が接した71基のうち、文字塔はわずかに1基を数えるのみで、その比率は1.4%である。
 参考までに他の市町村では、
    豊後高田市  18/106(17%) 
    真玉町     28/ 62(45.2%)
    香々地町    10/ 41(24.4%)
    杵築市      6/ 55(11%)
    安岐町     23/142(16.2%)
    武蔵町      9/ 71(12.7%)
    国東町     25/134(18.7%)
    国見町     11/ 92(12%)
 半島全体では774基のうち文字塔は131基で16.9%を占めている。
こうした比較から、大田村の文字塔の少なさが目立っている。

 その唯一の文字塔は、永松の天満宮境内に祀られていて、承応2年(1653)の年号を
読み取ることができ、有銘塔としては村内最古のものである。
 この文字塔の主願文「奉待庚申御玉殿安置所」の上方には、円を描いてその中に「天」の文字を三つ、
三角状に配したものが刻まれている。これは、「庚申の夜に人の体を抜け出て天に昇る」と説かれている
三尸の虫を封じ込めようとした人々の願いを込めた、一種の呪符的なものではないかと思われる。

 この文字塔以降は、造立年代が一番新しい安政5年(1858)ものまで、各年代ごとに比較的均等に
分布し、地域的な偏りも見られない。

 豊後高田市や真玉町では、六郷満山寺院との関連性について触れたが、この大田村に於いては、
六郷満山寺院は一か寺もなく、峰入りの巡行コースからも離れているために、庚申塔の造立や伝播との
繋がりは求めにくい。

 いずれにしても、村内の庚申塔の年代及び地域分布の状況は、大田村における庚申信仰が、江戸時代
の全般にわたって長期的に、かつ地域全体に広く根付いていたことを教えてくれている。