香々地町の庚申塔(解説)


 香々地町内では、41基の庚申塔が確認できた。そのうち文字塔が10基を占め、
真玉町に次いで高い比率となっている。

 長小野の役場支所前の文字塔に「寛二」との文字があり、梵字種子の陰刻と、「奉庚申石二世安楽」の願文が
読み取れるので、この形態から寛文2年(1622)の作例かと推定すると、これが町内の最古となる。
 ただし、町内には墨書されたものを含めて、かなり古い時期の造立と想像できる、無銘の文字塔が何基かあって
それらが最古に位置づけられる可能性も十分にあるだろうと思っている。

 西夷橫岳には、「明治八年 三月十日」の「猿田彦大神」と刻んだ文字塔が道路分岐点の上方の岩上にあり、
これが、最も時代の新しい造立かと思われる。
 これとよく似た文字塔が、西夷道園西の集落奥にあるが、残念ながら無銘で造立年を特定することができない。

 上香々地友広の観音堂前と、香々地早田のある個人の屋敷庭にある刻像塔は、いずれも元禄11年の造立で
表現様式に共通点が多い。さらに、隣接する真玉町にもこれらと酷似した、元禄11年の刻像塔が5基あり、
同じ制作者の手による作例ではないかと思われる。谷を隔てる尾根をまたいでの活躍ぶりが浮かぶ。

 東夷坊中には、珍しい磨崖の刻像塔がある。微笑を浮かべた四面二臂の主尊と、足下に顔だけが刻出された3猿と
2羽の鶏像を認めることができる。