真玉町の庚申塔(解説)


 真玉町内に存在する庚申塔の数については、「真玉町誌」には63基。
また、地域民俗研究会の会誌第2号で桑原清氏は、70基程度の庚申塔の形態を認められている。
私の調査数は62基で、町内全域ではおそらく80基程度がのこされていると推定している。

 分布状況は、ここでもやはり六郷満山寺院の周辺に多く見られる傾向が著しい。
即ち、弥勒寺や応暦寺、無動寺のある城前、大岩屋、黒土地区に際立って集中している反面、他の
地域では、それぞれの集落周辺に1~2基が平均的な数となっている。

 造立年代に目を移せば、有銘塔の最古は、承応年間の文字塔が城前前田(承応2年:1653)と
城前堂前(承応3年:1652)に残され、最新のものは前出の桑原清氏によって、臼野時安に明治20年
(1887)の作例が報告されている。
 その間の造立傾向には、著しい偏りが見られ、元禄から宝永、正徳を経て享保年間に至る約50年間に
有銘塔全体のほぼ3分の2が集中している。

 なかでも特に、真玉川沿いの下城前~下黒土のわずか3キロメートルほどの間に、元禄11年銘の
刻まれた刻像塔が5基、連続的に残されているのは特筆に値するだろう。
 いずれも、総高150センチ~170センチの比較的大きな塔で、形態や表現様式が酷似しており、
同一人物の手による作だろうと想像できる。
 年号と共に刻まれた日付を追えば、十月十九日、十月二十八日、十二月六日、十二月二十日、十二月
□日とあり、制作に要した日数を探る手がかりになりそうだ。
 さらに、10月中旬~12月中旬の約2ヶ月は、更新日が巡る60日に近い間隔でもあり、庚申日を基準に
造立が行われた可能性も考えられる。
 庚申年でもない、元禄11年のこの造立ブームの背景には、どのような事情があったのだろうか。