豊後高田市の庚申塔(解説)


 国東半島付け根の北部に位置する庚申塔については、111基を調査確認できた。
それらの造立年代は、半島最古の有銘塔の寛政元年(1624・同市平野橋本)~明治34年(1901・同市小田原ナギノ)
とかなり長期間にわたっている。
 また、半東全体を見渡しても初期の頃(寛永・慶安・承応・寛文・延宝年間)に造立された古い文字塔が、田染地区に集中して
8基も残されていることは、特筆すべきだろう。半島内の他市町村では、合わせてもほんの数基しか確認できていない。

 それらに続く、貞享2年(1685)の年号が刻まれた平野大曲にある庚申塔は、剣を抱えて座った猿像とともに「庚」の文字が
陰刻されていて、文字塔から刻像塔への変遷の一端を物語っているようで興味深い。

 それ以降は、刻像塔が主流となって、各年代を通じてほぼ平均して造立されているが、例外的に元禄14年(1701)だけは、
加礼川地区に5基がまとまって残されている。

 地域的な分布では、高田から田染へ続く往還途中の森、佐野、小田原の集落付近と田染地区の蕗、池部、相原、平野、それに
都甲方面の加礼川、松行、長岩屋などの市内東部及び南東部に約8割近くが集まっている。

 他方、海岸部に近い草地、水崎、呉崎地区は極端に数が少ない。
これらの地域で新田開発が実施された時期との兼ね合いも考慮すべきだろうが、国東半島において庚申信仰と庚申塔の伝播に、
六郷満山寺院の修行僧や修験者が、多分に関与していただろうと推測する私としては、六郷満山寺院の所在地と照らし合わせてみ
れば、むしろ当然の現象に思えてならない。